SEO対策:社会保険労務士 SEO対策:試験 SEO対策:資格 SEO対策:資格試験

労働基準法賃金台帳

現在、「2011年版U-CANの社労士過去&予想問題集 」の労基部分をしています。

U-CANの社労士過去&予想問題集では、管理監督者についても賃金台帳に深夜労働時間数について記入する必要があるとのP.123の解説。
一方、Tacテキストでは、法41条該当者については、賃金台帳に労働時間数、延長時間数、休日労働時間数、深夜労働時間数を記入しなくてよいとP.105試験対策欄にあります。
Tacテキストの方のミスプリントでしょうか?

ご指導をお願いします。

にほんブログ村 資格ブログ 社労士試験へ
にほんブログ村

Comment

[95] ご指導ありがとうございます

早速のご指導ありがとうございます。

わたしも(労基則第54条第1項第6号)を確認はしましたが、どう解釈したらいいのか分かりませんでした。

(昭23・2・3基発第161号)という法律とは矛盾したような通達があって、実務の運用としては通達の通りになる。
そして、社労士試験解答としては 通達も含むのでユーキャンが正解。

ヨットさんのお蔭で、すっきりしました。
よく理解できました。

ありがとうございました。

[94]

書き方が悪かったですね。社労士試験解答としては
通達も含むのでユーキャンが正解だと思います

[93]

労働時間等に関する規定の適用除外対象(労基法第41条)。
①農業・畜産業・水産業従事者 
②管理監督者 
③ 監視・断続労働従事者
しかし、本条に定める労働者でも、「深夜業に関する部分は適用が排除されるものではない」と解されています。一方、賃金台帳の記入事項の1つとして、「時間外労働時間数、休日労働時間数、深夜労働時間数」が定められています(労基則第54条第1項第6号)。
法第41条に該当する労働者(前記の管理監督者、監視・断続労働従事者など)に関しては、労基則第54条第5項で「労働時間数、時間外労働時間数等は、記入することを要しない」と規定しています。
しかし、管理監督者等であっても「深夜業に関する規定の適用がある」ので、「深夜労働時間数は賃金台帳に記載するように指導されたい」という解釈例規が示されています(昭23・2・3基発第161号)。

法律は記入不要となっているためTACのほうが正しいと思います
ただ上記のように通達があるので労基署に聞けば記入してください
と言われると思います

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://kinntoki.blog113.fc2.com/tb.php/231-d04aba27

«  | HOME |  »

Time flies like an arrow !

ぴゅ~

調査士試験まで あと


プロフィール

kinntoki

Author:kinntoki
☆金時(2000.11.1-2015.1.17)は愛犬の名前
☆由来は、白柴で雨にぬれると赤毛が目立つようになって、顔が「金時の火事場見舞い」のようになることから
☆金時にかけて、試験勉強ができる今は、ゴールデンタイムなのかと


最新記事


このブログについて

☆土地家屋調査士(調査士)試験合格を目指します!

最新コメント


カテゴリ

☆調査士受験1回生 (78)
☆FP1級受検 (64)
☆FP2級受検 (23)
☆FP3級受検 (34)
☆測量士補受験 (41)
☆社労士登録等 (44)
☆社労士受験4年生 (92)
☆社労士受験3年生 (68)
☆社労士受験2年生 (107)
☆社労士受験1年生 (54)
☆社労士受験教材 (15)
☆プロローグ (1)
☆blog開設準備 (2)
☆脱線 (48)
☆未分類 (0)
☆エピローグ (0)

FC2 ブログ☆ランキング

Q:私のブログ☆ランキングは何位でしょうか?
A:クリック↑すると答がでます。

ブログ内 検索


リンク

このブログをリンクに追加する

比較.com


夢を叶えるための名言集



presented by 地球の名言

人気BlogRanking

人気ブログランキングへ

にほんブログ村


Google AdSense Ⅰ


Google AdSense Ⅱ